ペットの飼い主様のお便りから(その5)

猫ちゃんの飼い主様のお便りから

猫ちゃんの飼い主様から嬉しいお便りです。

17歳の猫です。
甲状腺機能亢進症の既往症があり服薬中でしたが、
昨年2月鼻血が続き検査を受けた結果、鼻の奥に腫瘍が見つかりました。
半月後右目にも異常が出始め、獣医からは「手術不可能でかつ高齢のため回復は難しいです」と匙を投げられました。
これからどうしたらよいかわからず悩んでいる時に、たまたま覗いたインターネットのサイトで「バランスアルファ」を知りました。
いろいろな難病でも回復したというお客様の声がたくさんありました。
購入を後押ししてくれたのは“副作用がない”“実際に動物病院でも使われている”という情報です。

1回5mlほど、朝夜2回、シリンジでそのまま(薄めたりせずに)飲ませています。
使い始めて1年。3か月目くらいから徐々に鼻血が止まり、右目に出ていた異常(瞳孔散大と炎症)も治ってきました。
現在は全身の状態が安定し、食欲もあり元気を取り戻しています。
獣医から一度は諦められたのに、ここまで回復しているのは「バランスアルファ」のおかげと思っています。本当に出会えてよかった。

 

17歳といえば人間では80歳以上!と私たちはすぐ人間の年齢に換算してしまいます。
そして多くの場合“高齢だから”とレッテルを貼ります。
もちろん高齢になることは免疫力がダイレクトに落ちることを意味します。
でもその弱くなった免疫力ですら、治癒する力はあるのです。
さらに大切だと思うのは(薬の治療ではなく)自分のからだが自分で治ろうとしているときは、思いのほか辛くなさそうなことです。
静かにからだを休め、内側に力が漲るように見えます。
このケースは、獣医さんも鼻血や目の瞳孔散大や炎症など、外にはっきり現れる諸症状から病気の深刻さを感じたのだと思います。
でもそれらはすべて腫瘍の拡大の結果であり、腫瘍さえ抑えられれば、症状はなくなります。
毎日2回「バランスアルファ」で刺激を与えることで、免疫細胞が本来の働きを始めたのですね。

お便りを寄せていただいた東京のHさん ありがとうございます。そしてKちゃん、これからも元気で毎日を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA